多汗症に効果的な食生活と注意点、意識して摂取することが大切

多汗症に効果的な食生活と注意点、意識して摂取することが大切

汗の量が人よりも多く排出されてしまう多汗症は、ホルモンバランスやストレスが影響していることが原因です。

 

 

 

毎日当たり前のように食べている食事の中には多汗症の症状の改善が期待できる物もあれば、逆に悪化させてしまう物もあるので意識して摂取することが大切です。

 

 

多汗症は比較的男性に多い病気で、その理由は男性ホルモンの多さが発汗を促していることが主な原因と考えられています。

 

 

 

そのため、女性ホルモンを多く摂取することが大切になりますが、そこで効果的に摂取できるお勧めの食材が大豆です。納豆や味噌といった大豆が多く含まれている食材には、大豆イゾフラボンという栄養素が多く含まれていて、これらは女性ホルモンを活発にするとされています。

 

 

 

そのほかにも、もやしや山芋などでも同様に大豆イソフラボンを摂取することが可能です。
日々の生活の中でストレスを溜めたり緊張状態になることでも、発汗を促してしまって多汗症の原因に繋がります。そういった時はハーブのお茶を飲んだりアロマオイルを嗅ぐなどしてリラックス効果を得ることがおすすめです。また、体内に余分な熱が滞留していると汗をかきやすくなるので、きゅうりやトマトといった体内の冷却が期待できる食材を摂取することも重要になります。

 

 

 

次に多汗症をより悪化させてしまう食材についてです。辛味を感じるような刺激の強い食べ物は、体内の交感神経を刺激して発汗を促してしまうことがあるので気を付けなくてはいけません。刺激は辛さだけでなく極端に甘いものであっても同様に感じてしまうため、偏った味覚を感じる食材は避けることが望ましいと言えます。

 

 

また、コーヒーやお茶に含まれているカフェインには汗が排出される汗腺を刺激する物質が含まれていて、飲みすぎると汗が出やすくなるのでカフェインが多く含まれている物は飲みすぎないことです。そのほかにも、汗の量が増える肥満体型にならない食生活を心掛けることも大切になります。